去る8月1日、文科省の中央教育審議会教育課程企画特別部会に提示された次期学習指導要領に関する審議まとめが公表され、各紙の一面を飾っていた。だいたい謳われていることを参照すれば「アクティブラーニングの普及!」「外国語教育の強化!(小学校中学年時」「国語教育の見直し!」「各教科の「見方」伝達の強化」である。

 

外国語教育の強化そのものに非常につっかかりたい気分もあるが、今回は、「妖怪」と言われるアクティブラーニングそのものについて考えたい。アクティブラーニングとは「主体的学び」「対話的学び」「深い学び」の3つの学びの視点を合わせた生徒主体の体験的学習のことであるらしい。文科省内で「いわゆる」などという表現がついたりする程度には曖昧な表現である。

 

さて、今回アクティブラーニングを考えるにあたって、アクティブラーニングを用いた教育活動とは一体どのようなものかもう一度考える必要がある。一般にアクティブラーニングを用いた活動として最初にあげられるのが「話合い活動」である。生徒たちが相互にグループで話し合いの場を持ち、問題発見・問題解決のプロセスを踏みながら主体的に学び、そしてそこで得た知見・視点を更に主体的に深化させるという一連の流れがまさにアクティブラーニング的であるというところもあるだろう。道徳の学習指導要領の決まり文句「補充・深化・統合」ではないが、そのような役割を個々人が主体的に行うというところがアクティブラーニングの要点である。

 

なるほど従来、教室における学校教育は、特に日本において、教師が生徒に何らかを教えこむ一斉教授の受動型学習をその活動の中心としてきた。生徒は常に教師の与える答えに服従し、あらゆる問題において生徒は教師の隠した特定の「答え」を探す活動を学習と認識してきたように思う。先進国の成長が頭打ちとなりAIや発展途上国の発展により、我々は新しい産業・仕事を自ら創り出し、混沌とした未来に新しく秩序を敷いていく必要が求められ始めた。そんななか、わが国では自ら考え、問題を発見し、それを解決する主体的人格の育成が急務となっている。その中で考えだされた「妖怪」がアクティブラーニングである。

 

文科省の指針の受け売りをしていてもしかたがないので、本稿では二点、アクティブラーニングにおける暴力性と妖怪の妖怪たる所以を考える。

 

アクティブラーニングの暴力性は、作り出す過程からその一応のゴールに至るまで、一貫して「自分」を求められ、生徒は否が応でも自分の今に向き合わされる点にある。今までただ漫然と自分を持たず(あるいは自分を開示せず)、受動的に過ごしていればよかった学校生活が、アクティブラーニングによって能動的な場へと変わることで、結果的に自己の能力に関する点や生徒間競争をより助長する結果となり、できる子を立てるとともに、できない子の疎外感を際立たせる可能性もある。

 

もちろん、私は漫然と受けて入ればそれで済む現行型の教育を、上述のような暴力性のみに立脚して「やるな」と断じているわけではない。ただ往々にして主体的な学びは、その学習効果を主体に依る限り、学習方向の管理が難しく、意図した教育効果とは違った効果を及ぼすことも多い。また、「対話」「他者理解」と簡単に言ったところで、できる子がただ話し、できない子がそれに同調する環境や、そうした「役割」がスクールカーストが唱えられる今まで以上に学級内で固定化し、教育において最も問題視されている教育を通じた社会階層の再生産機構を更に強化してしまうのではないかと懸念することは最もなことであろうと思う。端的に言えば、アクティブラーニングは学校社会の暴力性を強調するという論理を内包するわけだ。

 

アクティブラーニングにおいて、現状最も問題視されている点は、教師の教育力がアクティブラーニング的教育に順応可能かという点にある。この場合においても同様で、今まで教えこむことに終始した授業と、それを基にした指導を行ってきた教師が、さて今日から生徒が考える教育を行って下さいと言われて、それを果たせるかという問題がある。意識的にそれに取り組む教師は置いておいて、大半の教師は上から来たものを生徒にある程度個別的にアレンジを加えながら横流しする役割をもってその職務を行っているであろうし、あるいはそれができればその教師は十分有能であるといえる。

 

しかし、あらゆる生徒指導に関する臨床心理的知見が繰り返し唱えられ、いじめに関する言説が絶える日はなく。これほどまでにジェンダー論的論調が幅を利かせた現代にあってなお、高圧的強権的で生徒に対して様々な意味で無理解・無遠慮な指導、マニュアル的な「つまらない」教室風景は再生産され続け、教師は職務をなるべく苦労なくこなそうとし続けるものも多い。そうした教師らに「アクティブ・ラーニング」の手法を伝えたところでその暴力性ばかりが際立つことになりはしないだろうか。

 

無論、そうした教師らに「仕事をさせる」ためにも新たな、手間のかかる教育手法は必要であろうし、それで生徒が現状から少しでも「善い」方向に向かってくれればいいと思う。そのためにも教員研修だけに留まらず、生徒をも巻き込んだ地域ぐるみのカリキュラムマネジメントを行い、それぞれが内容や方法を磨き上げる姿勢が重要となるであろうし、現状比較的機能していると言われる初等教育段階の「学級活動」からその実績を小中・中高と接続しながら発展・継続させていく必要があるだろう。(ありきたりなけつろん)

 

 

さて、次に妖怪の妖怪たる所以である。アクティブ・ラーニングという単語が唱えられる領域を聞くとしばしば呆然とする。道徳や特別活動の分野で唱えられるのは元々からして当然であろうし、あるいは英会話等を含む英語学習、理科の実験学習などの体験学習でそれが言われるのは分かる話である。しかし、国語や数学といった分野でもアクティブ・ラーニングが唱えられ、社会でもアクティブ・ラーニングをなんていう話せば長くなる歴史的経緯をふんだんに含んだことが唱えられる。今までの受動に対するアンチとして能動が用いられ、受動が適した教育内容にまで妖怪が蔓延ろうとしている。

 

教育内容や評価のベースをコンテンツベースからコンピテンシーベースへというのがOECDの目指す全世界的な「善い」方向であるらしいが、学なき雄弁=デマゴーグ=への本能的危機感・嫌悪感は恐らく、少なくとも我が国においては拭い切れないのではないかとおもったりする。いくら結果論的な統計データを見てアクティブ・ラーニングのほうがパッシブ・ラーニングよりテストの点的な意味でも教育効果が高いと主張したところで、それへの本源的懐疑(教えて覚えさせて反復させねば人はモノを覚えないという信念)は拭えないのではないだろうか。こうした懐疑感を無視したまま妖怪のようにあらゆるところに氾濫し出没しているのが今のアクティブ・ラーニングというワードである。

 

 

要はケチがつけたかっただけであり、この点は往々にして留意されていることのようにも思う。ともかく、こうした懐疑的姿勢を忘れないようにしつつも、しかし「今」に安住する事なく漸進的で地に足の着いた改革が求められる。そして我々学問者が検討すべきはその哲学の検討と効果の実践的な測定という難題であろう。

 

ETC深夜5割引

2018/01/07

目玉施策となる、ノンストップ自動料金収受システム(ETC)の利用者の高速道路料金の引き下げは、平日深夜(午前0時〜午前4時)の割引率を現在の4割から5割程度に拡大する。

 さらに、割引開始時間を午前0時よりも早める方向で検討する。また、観光客の高速道路の利用を促進するため、休日の昼間に5割程度、料金を割り引く時間帯を新たに設ける。

 実施期間は今年10月から約1年間とし、約1000億円の予算を確保する方針だ。

ETC深夜5割引き、総合経済政策原案に重点20項目
  YOMIURI ONLINE

これはでかい!

ただ、できれば9月から実施してほしかった。。

#東京⇒大阪に車で帰るし、何回か釣りの予定も入っているので。。




ってか、無料化の話を忘れさせようとしている!?

無料化ネタ
http://www.eda-jp.com/dpj/2003/highway-qa.html
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071009/137073/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071105/139593/

普段はシューズしか履かないので違和感があるのです...

高校生って革靴なんか履いてたんだね!(今更

更に今更だけど...

学校で生活する時ってやっぱ制服なんだね!(((

ジャージの方が動きやすいのに...

中学校の時とは生活の仕方とかが変わっているので慣れるのに時間がかかりそうだな

そして5月病にもならんように気を付けないといかんな



話変わりまして...

やっとこっちも桜が咲きました!ktkr

そして、花粉も減ったb(ぇ

弱花粉症なので、目や鼻が少しヤバスだったので助かりましたw

これからの生活は少し楽になるかな?

でわ×2

新書部門のランキングです。 

f:id:tanazashi:20160214112053j:plain

札幌・コーチャンフォー新川通り店調べ(2月5日~11日)

 

  • 1「テレビじゃ言えない」ビートたけし 著(小学館)
  • 2「それでもこの世は悪くなかった」佐藤愛子 著(文藝春秋)
  • 3「日本の武器で滅びる中華人民共和国」兵頭二十八 著(講談社)
  • 4「怖いほど運が向いてくる! 四柱推命」水晶玉子 著(青春出版社)
  • 5「江戸はスゴイ」堀口茉純 著(PHP研究所)
  • 6「サイコパス」中野信子 著(文藝春秋)
  • 7「母親力 息子を「メシが食える男」に育てる」森昌子 著(SBクリエイティブ)
  • 8「悪用禁止! 超ゲス心理学」齊藤勇 著(宝島社)
  • 9「教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る」竹内薫 著(SBクリエイティブ)
  • 10「島田秀平が3万人の手相を見てわかった! 「強運」の鍛え方」島田秀平 著(SBクリエイティブ)

1「テレビじゃ言えない」ビートたけし 著(小学館)

最近テレビじゃ「本当に言いたいこと」が何も言えなくてイライラしてるんだ―ビートたけしの呟きからこの本は生まれた。コンプライアンス、CMスポンサーへの配慮、そんな建前のもとエスカレートするテレビの自主規制。そんなもの、クソ食らえだ。放送コードを無視したこの男の毒舌は、ツービートの頃より切れ味を増している。政治・犯罪、ネット社会…偽善と矛盾だらけの現代ニッポンをぶった切る危ない現代評論。

テレビじゃ言えない (小学館新書)

テレビじゃ言えない (小学館新書)

  • 作者: ビートたけし
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

2「それでもこの世は悪くなかった」佐藤愛子 著(文藝春秋)

人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ―こんな佐藤愛子は、どうしてできた?93歳、初の語り下ろし人生論。

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

それでもこの世は悪くなかった (文春新書)

  • 作者: 佐藤愛子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

3「日本の武器で滅びる中華人民共和国」兵頭二十八 著(講談社)

日本国が、自衛隊の最新の戦闘機や艦艇をいくら増やそうとしたところで、中共の領土的な野望が消えてなくなることはありません。核武装国の中共が日本に降伏することもあり得ません。しかし、マレーシア、ベトナム、フィリピン等、地政学的に中共の味方とはなり得ない国々に対して、わが国から「機雷敷設専用の超小型潜航艇」等を武器援助するならば、日本の有権者は、驚くほど廉価な負担で、東アジアから侵略的な専制政体を除去し、世界の平和に貢献することができます。これが、「日本の武器で中華人民共和国が滅びる」という意味です。

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書)

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書)

  • 作者: 兵頭二十八
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

4「怖いほど運が向いてくる! 四柱推命」水晶玉子 著(青春出版社

恋愛・結婚・仕事・健康…うまくいっている人は「運命の流れ」を知っています。人気占い師が教える、1年ごとの流年運、10年に一度の大運の読み方、活かし方。

怖いほど運が向いてくる! 四柱推命 (青春新書プレイブックス)

怖いほど運が向いてくる! 四柱推命 (青春新書プレイブックス)

  • 作者: 水晶玉子
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2014/01/21
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 

 

5「江戸はスゴイ」堀口茉純 著(PHP研究所)

ここまで楽しく素晴らしい町だったとは! 浮世絵などヴィジュアル満載で、ページを開けばお江戸の世界。その魅力がみるみるわかる極上の書。お江戸は世界史の奇跡だ!

庶民たちが、実にイキイキと町を闊歩していた江戸。江戸城が日本最大・最強の近世城郭として圧倒的な強さを誇っただけではなく、都市としても、同時代の世界に類を見ない、エキサイティングな町だった。
季節毎に訪れる幾多の楽しい祭(イベント)。天麩羅や寿司などよりどりみどりの外食天国。浮世風呂に浮世床。当代きってのスーパーウーマンと遊べる吉原、手軽に遊ぶには江戸四宿。1億円プレーヤーの歌舞伎役者に、1年を実働20日で暮らした力士たち……。
裕福でなくとも、世界一幸福な人びとが、各自の人生を充実させていたからこそ、歌舞伎、浮世絵、和食など、たくさんの文化が発達し、今ではそれらが日本の誇るべき財産になっている。
本書は、浮世絵や版本など、江戸人によって描かれた絵画史料をふんだんに盛り込んで、〝庶民が主役〟の江戸がいかに魅力的で、面白くて、スゴイ町だったかを徹底紹介する。

江戸はスゴイ (PHP新書)

江戸はスゴイ (PHP新書)

  • 作者: 堀口茉純
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 

 

6「サイコパス」中野信子 著(文藝春秋)

近年、脳科学の劇的な進歩により、サイコパスの正体が徐々に明らかになっています。脳内の器質のうち、他者に対する共感性や「痛み」を認識する部分の働きが、一般人とサイコパスとされる人々では大きく違うことがわかってきたのです。
しかも、サイコパスとは必ずしも冷酷で残虐な犯罪者ばかりではないことも明らかになってきました。大企業のCEO、政治家、弁護士、外科医など、大胆な決断をしなければならない職業の人にサイコパシー傾向の高い人が多いという研究結果もあります。
また、国や地域で多少の差はあるものの、およそ100人に1人の割合で存在することもわかってきました。そればかりか、人類の進化と繁栄にサイコパスが重要な役割をはたしてきた可能性すら浮上しているのです。

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

  • 作者: 中野信子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

反社会的な人格を説明するための診断上の概念だったが、必ずしも冷酷な人ばかりではないことがわかってきた。100人に一人は該当するという。 

7「母親力 息子を「メシが食える男」に育てる」森昌子 著(SBクリエイティブ)

転んでもケガをしても自分で起き上がらせる―子どもの頃からの夢だった「よき母」になるため、人気絶頂の27歳で歌手を引退。19年にわたって専業主婦に専念し、現在は歌手などで活躍する3人の息子を育て上げた。「あんたは鬼のような母親だ」と呼ばれるほどのスパルタ教育は、かなり独創的。そこにあったのは「メシが食える男にして送り出す」という強い信念だった。息子たちが一家の大黒柱になり、長い人生で壁にぶつかっても対処できるようにしたかったという“森昌子流スパルタ子育て術”。偏差値でもない、学歴でもない、人生を決定づける一番大切な力が身につく。

母親力 息子を「メシが食える男」に育てる (SB新書)

母親力 息子を「メシが食える男」に育てる (SB新書)

  • 作者: 森昌子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 

 

8「悪用禁止! 超ゲス心理学」齊藤勇 著(宝島社)

本書では、既存の心理学の書籍よりさらに実践的な内容に踏み込んだ、“超ゲス"な心理学テクニックを提案しています。ビジネスから恋愛などプライベートな方面まで幅広く網羅した一冊になっていますので、くれぐれも悪用などはしないように。

悪用禁止! 超ゲス心理学

悪用禁止! 超ゲス心理学

  • 作者: 齊藤勇
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

9「教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る」竹内薫 著(SBクリエイティブ)

真の教養人は話し方が違う。教養のある人は、幅広い知識をもっていて、しかも話がおもしろい。しかし、こんな人も存在します。知識だけは豊富。けれど、話におもしろみがない。専門のことしか知らない。コピペでものごとを語る。「なぜ?」と聞かれるとキレる…。彼らは知識をひけらかしているだけの「教養バカ」なのです。では真の教養人に必要なこととは?それは「わかりやすさ」。あなたが誰から見ても教養のある話し方ができる。これが本書の最終目標です。

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)

  • 作者: 竹内薫,嵯峨野功一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

10「島田秀平が3万人の手相を見てわかった! 「強運」の鍛え方」島田秀平 著(SBクリエイティブ)

誰でも今すぐ運をよくできる!「運」。目に見えない不思議な存在であるにもかかわらず、人は「運を使う」とか「運を落とす」とか、はたまた「運を貯める」などと言いますよね。目に見えて増えたり減ったりするものではないので、正しく使うも貯めるもないように思えます。ですが、正しい使い方や貯め方は、きちんとあるのです。それは、これまでの先人の生き方が証明してくれています。この本では、そんな最強運の持ち主たちから学んだ「運の正しい貯め方・使い方」を、初公開します!

島田秀平が3万人の手相を見てわかった!  「強運」の鍛え方 (SB新書)

島田秀平が3万人の手相を見てわかった! 「強運」の鍛え方 (SB新書)

  • 作者: 島田秀平
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 

 

■断捨離し続けた結果

無印良品みたいな人間になった

 

http://anond.hatelabo.jp/20140310165042

 

 

 

見た目シンプルなくせに値段だけ無暗に高いっていう?

 

http://anond.hatelabo.jp/20140310165230

 

 

男でも化粧水が買いやすいでおなじみの?

 

 

今回の七夕夢の鏡企画は3月3日、5月5日と続いているという予想を立てていた人もいると思います。ええ、その通りです。

 

f:id:charpen:20160707001532j:plain

花咲ももこ、珠野ひなぎくと続けた場合、その次になるのは谷間ゆりです。

時系列的にはももこ→ひなぎく→ゆりとなっています。

 

ただ、恐らくこの続きは無理だろうと思っています。理由は4人目であるスカーレット小原の資料が極端に少ないということ。ぶっちゃけ資料が少なすぎて描こうにも描けません。描けたとしても、相当いい加減になると思います。ですので、ウエディングピーチ関連はメインはここで完結とさせていただきます。

 

とりあえず、今からPixivに漫画シチュのものを投稿してきます。

久々にアマタスプリングに行ってきた。

IMG_0496_convert_20100131214151.jpg

プロともう一人の上級者の希望でフルバックからすることになった。7470ヤード、ティーはロイヤルトロフィーと全く同じ位置。ラフはトーナメントの時から相当刈っているとはいえ、普通のタイのゴルフ場とは全く異なり、深く、かつ、絡みつく。ラフに入ると出すだけで精一杯、今の自分の実力ではフェアウェイをキープすることは難しく、そもそもティーからフェアウェイに届かないホールも結構あった。スコアも100を超えてしまった。 

アマタのフルバックはそうめったに出来ないだけによい経験になった。次回以降もこの面子の場合はフルバックになりそうな気配である。次回、この面子が集まるのは2月中旬ラムルッカA-B。。。

IMG_0494_convert_20100131220053.jpg

しかし、ゲストフィーは、@4,200Bとかなり高い。メンバーさんもこれでは他の人をプライベートで誘いずらいとぼやいていた。自分の財布にもかなり痛かった。

沈黙がもたらす静寂



時として沈黙は苦痛を引き起こすものである一方、心の安寧をもたらすものでもあることを学んだ。



沈黙がもたらす静寂がこんなにもありがたいものだったとは。



静寂



音のない世界では、



想いが降り積もる。



思いが広がっていく。



そして、



魂が解放される。



自由になる。

日本の桜はやはり美しいですよね。

日本人だけじゃありません、アメリカをはじめ海外でもその美しさは評価されています。

しかし、日本人じゃなければわからない桜の美しさってあると思いませんか?
桜は花の美しさだけではなく桜の木が植えられている環境や背景の美しさも含めて日本の桜と言えるのではないでしょうか。

今回紹介するのはそんな日本ならではの景色の中に桜が美しく映える風景です。

 

f:id:MossanJP:20170408001535j:plain

 

岡山県の津山城をご存知ですか?

津山藩初代藩主・森忠政が13年の歳月をかけて完成させた平山城で、一旦は取り壊されてしまったのですが2005年に残っている石垣の上に築城されたのが現在の津山城です。

津山城の桜は日本の「さくら名所100選」にも選ばれており、岡山県内でも人気No1の桜の名所です。

津山城は平山城と言われる造りで有名で、日本三大平山城にあげられています。

石垣の美しさや城壁の白さはお城好きにはたまりません。

快晴の日に訪れると真っ青な空と白い城壁と桜のピンクがマッチして日本人でよかったなーと思わせる風景に出会えます。

 

津山城の桜でお勧めなのは天守閣から見る桜が風にたなびく姿です。

時期も後半になると散り際の桜吹雪はとても美しいです。
ただ、天守閣を目指す道のりは石段などかなりハードになるので高齢の方は気を付けてください。

 

桜の種類はソメイヨシノ、ヤエザクラ、オオヤマザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラなどが楽しめます。

 

 

f:id:MossanJP:20170408001559j:plain

 

 

津山さくらまつり2017

開催期間:2017年4月1日から4月15日

住所:岡山県津山市山下135

開園・閉園時間: 8時40分~19時(4月1~15日は7時30分~22時、10~3月は8時40分~17時)

お問い合わせ:0868-22-3310

 

 

 

 


アクセス

【電車】JR姫新線津山駅から徒歩10分

【車】中国自動車道津山ICから15分

 駐車場:280台  500円/1回

 

公式サイト:http://www.tsuyamakan.jp/

 

f:id:MossanJP:20170408001618j:plain

 

ライトアップ

期間:2017年4月1日(土)~4月15日(土)

時間:日没~22時

昼間の桜だけではありません、夜間のライトアップもお城を含め桜の魅力を幻想的に引き立たせてくれています。

各所に設置された提灯も夜桜には欠かせない祭りの雰囲気を盛り上げてくれるアイテムですね。


例年開花は4月上旬で中旬ぐらいが見ごろになっています。

 

開花情報

https://tenki.jp/sakura/7/36/56717.html

 

桜まつり期間中は物産展などさまざまなイベントが開催されています。

花より団子という方にはB-1グランプリの津山ホルモンうどんや、全国鍋グランプリに出店した津山そずり鍋がおすすめです。

他にも津山バーガーやじゃあじゃあ麺などおなか一杯になれます。

  

ここで津山城の石垣について一つ

天守台の石垣の中に「愛の奇石」と言われているハート形の積み石があるんです。

この石に触れば恋は成就するといわれている恋愛スポットなんですよ。

カップルで訪れた際は探してみてください。

  

 

f:id:MossanJP:20170408001640j:plain